アジア 出生率 低下

割合も大幅に低下する(図2を参照).第二に,非常に低い出生率が長期にわたれば,こ れを反転させるのが確実に困難になる. 2.非常に低い出生率が将来の労働力人口に及ぼす効果 Ogawa・Kondo・Matsukura(2005)は,人口の高齢化と同時に将来の労働力人口が 急減する状況を「人口オーナス(負 … 厚生労働省が発表した「人口動態統計」(2019年秋) によれば、「日本の出生数はついに90万人を割り込む」見込みなのだとか。ちなみに2018年度の合計特殊出生率 (一人の女性が出産可能とされる15〜49歳までに産む子供の数の平均) は1.42。残念ながら出生数は、2016、2017、2018年 (91.8万人) と3年連続で100万人を割り込んでしまいました。今後は、団塊ジュニア世代の出産が一段落してさらに下降することが懸念されています。, 第1次ベビーブーム期には約270万人、第2次ベビーブーム期には約210万人だった年間出生数は、1975年に200万人を割り込んで以来、毎年減少を続けています。ところで少子化に悩んでいるのは日本だけではない…ということをご存知ですか。, 「アジア」は世界で最も人口が多い地域で、中国・インドのように国土が広い国からシンガポールのように一つの都市が国家を形成している国まで様々です。そんな (人口増加に大きく寄与しているはずの) アジアで、今「日本と同じように出生率が低下」してきているのです。, 人口の増減に一番大きく影響するのが「出生率」です。中でもニュースなどで頻繁に取り上げられるのが「合計特殊出生率」。これは「一人の女性が生涯 (15〜49歳の期間) に何人の子供を持つか」を計測しています。世界各国で計測されているんですよ。, 近年は乳幼児の死亡率が低下したことで「合計特殊出生率」が2.1以上の値を取っていれば人口は増加傾向にあると考えてよく、逆に2.1以下ならば減少傾向にあるということになります。他にも、人口1,000人あたりにおける出生数を計測する「普通出生率」というものも各国で計測されています。ちなみに日本の普通出生率は 7.4 (1000人あたりの出生数は7.4人) と非常に低い数値になっています。, 世界の総人口は現在およそ77億人 (2050年頃には97億人になるとの予想もありますが、果たして本当にそうなるのでしょうか?)。中でもアジアは世界で最も人口が多い地域です (中国は約14億人、インドは約13.4億人、インドネシアは約2.6億人、パキスタンは約2.1億人、バングラデシュは約1.6億人、フィリピンは約1億人)。, ちなみにインドは2027年頃に中国を抜いてトップに躍り出ることが予測されています。日本は約1.26億人で世界第10位です。その他、数千万規模の国や地域も多く、ベトナム (9,500万人)、タイ (6,900万人)、韓国 (5,100万人)、ミャンマー (5,000万人) などとなっています。, 参考までに他の国々もみてみましょう。アメリカ (3.2億人)、ブラジル (2億人)、ナイジェリア (1.9億人)、ロシア (1.4億人)、メキシコ (1.24億人)…そしてヨーロッパをみてみると、ドイツ (8,300万人)、フランス (6,700万人)、イギリス (6,600万人) などとなっています。, 最後に、マレーシア (3,200万人)、台湾 (2,300万人)、北朝鮮 (2,500万人) ということも付け加えておきましょう。このように、アジアには人口規模の大きな国や地域が本当に多いのです。, そんなアジアにおける「合計特殊出生率」の水準をみてみると、最も水準が高いのはラオスの4.6。次いでパキスタン(4.0)、カンボジア(3.9) 、バングラデシュ(3.1)、フィリピン(3.0)、インド(2.9)、マレーシア(2.8)となっています。, 一方で、「合計特殊出生率」が2を下回る国や地域も少なくありません。香港(0.98)が最も低く、台湾(1.12)、韓国(1.13)、シンガポール(1.25)と続いており、日本 (1.42)もちょっと前に比べると微増してはいるものの、基準値となる2.1を大きく下回っています (中国は1.7)。このように、アジアでは合計特殊出生率が高い国がある一方で東アジアの主要な国や地域では「超少子化」ともいえる状況が発生しているのです。, 出生率の低下は、日本や欧米諸国だけでなくアジアでも起きている現象です。振り返ってみると、1970年頃の日本の合計特殊出生率の水準は 2.13。これに対してタイ (5.02)や韓国 (4.50) などは高水準で、当時の全世界平均も4.5ほどと高い傾向にありました。台湾 (3.71)や香港 (3.29)、シンガポール (3.10) などもそれなりに高かったのです。, しかしながらその後、合計特殊出生率は世界的に低下傾向となり、多くのアジア諸国において現在の日本 (1.42)を下回る水準となっています。少子高齢化は日本だけの問題ではないのです。, 中でも韓国はここ数年、特にひどい低調傾向にあります。2018年に韓国で生まれた子どもの数 (出生数) は前年より3万人も少ない約32万人で、過去最少でした。合計特殊出生率は0.98で、1970年以来初めて1を割り込んだのです。少子化が進む日本よりも急速に出生率が低下しており、世界でも最低水準となりました。, この背景には若者の経済不安があります。韓国では2010年頃から「恋愛・結婚・出産」を諦める「3放世代」という言葉が使われ始めました。「財閥系の大企業と中小企業の待遇差」や「不安定な労働市場」に不安が広がったためです。加えて、結婚よりキャリアアップを優先する「未婚女性の増加」もあります。産休をとると昇進が遅れるという企業文化が背景にあるのです。, アジアでは他に台湾が出生率1を割ったことがありますが (2010年)、その後子育て世代への支援を強化したことで現在はやや回復しています。, そんなわけで、韓国では予想よりも早く人口減少が始まりそうです。韓国内では人口が減少に転じる時期を2028年頃と考えていますが、もう少し早まる可能性もありそうです。出生率低下が続けば、社会保障や経済成長に悪影響が及びます。韓国政府は過去10年間で130兆ウォン (約13兆円) を投じて保育所の増設などの少子化対策を進めましたが、目に見える効果はあがっていません。, 1960年頃は5だった「世界」の合計特殊出生率は2016年には2.44まで低下しています。さらに、日本や韓国など少子化が加速する国を多数含む東アジア地域の合計特殊出生率は2016年時点で1.8。また、人口増加が加速している (印象の) インドを含む南アジア地域においても、合計特殊出生率は2.46と世界平均を若干上回る程度になっています。. 2030年のアジア ーアジア経済の長期展望と 自律的発展のための課題ー 平成22年11月19日 内閣府. 出生力低下が進行し,1965-70年には4.85という高水準にあった世界全体の合計出生率 (totalfertilityrate:TFR)は2005-10年には2.52にまで低下した(UnitedNations 2011a)2).いまでは世界人口の42%が,出生率が人口置換水準を下回る少子化(below- 厚生労働省が発表した「人口動態統計」 (2019年秋) によれば、「日本の出生数はついに90万人を割り込む」見込みなのだとか。. アジアで進む「低出生率」 (人口減少) の原因は?. 人口の増減に最も大きく影響するのが、出生率です。 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。 合計特殊出生率を算出することで、異なる母 … ¨ï¼œHTML形式>), アジアの主な国・地域における合計特殊出生率の動き(CSV形式:1KB), 東アジア諸国・地域の未婚率(CSV形式:1KB), 香港のデータは1971年、2001年のもの。. 2019年の出生率は0.92の30.3万人、しかも2020年1-6月の速報値は出生者が14.3万人、前年同期比9.9%減で推移しており、理由は知りませんが、韓国の特性で年の後半には子供が生まれにくいらしく、そうなれば20年の出生者は30万人割れどころが29万人が視野に入ってきます。 日本の合計特殊出生率は、H24年で1.41です。 この数字は人口置換水準の2.08よりも低いため、 人口がどんどん減っていくといくことになります。 ちなみに、諸外国との比較は以下の通りです。 少子化対策とは、この1.41という数字を なんとか増やしたい、ということです。 それでは、 日本の合計特殊出生率の低下した原因は、 一体、何なのでしょうか? 上記でみたように、出生率の低下は、我が国や欧米諸国だけではなく、アジアでも起きている現象である。そこで、上記の国や地域の中から、東アジア及び東南アジアにおいて経済成長が著しく、時系列データの利用が可能な韓国、台湾、香港、シンガポール及びタイの合計特殊出生率の動きをみることとす … Copyright© 2020❤️アジア格安ひとり旅ナビ助❤️ All Rights Reserved. はなく,アジアにおいては日本特有の問題ではな い。とくにアジアで出生率の低下は急速であり, 今後,急速に高齢化社会に向かうことを軽視して はならない」と述べた 10)。 また,Leow(2000),Osman(2007),Kato(2011), ここでは世界最悪レベルに出生率が低いとされる台湾の少子化問題についてまとめています。2017年の台湾の出生率は1.125%であり、「このままいくと中国に侵略される前に自滅してしまう」と冗談を言う人もいるくらい危険水域にあります。 しかしながら、出生率の低下等によりアジアの生産年齢人口比率は2015年、生産年齢人口は2035年をピークに減少に転じることが見込まれている(第2-5-1-1図、第2-5-1-2図)。 第2-5-1-1図 アジアにおける生産年齢人口比率の推移. 回る国はモルドバだけだった(Goldstein,etal.2009).これに代わって出生力低下の先 頭に立ったのは東アジア先進国で,韓国は2005年に1.08という合計出生率を記録した.こ れは南欧・東欧・旧ソ連圏が経験した低出生率の最低水準に当たる.これに匹敵する水準 中国の出生率の低下は世界で最も劇的な現象の一つだ。清華大学エバーグランデ研究所によると、中国の出生率は1950年から2015年の間に、6.0から1.6へと低下した。なお、の間、米国では3.3から1.9、日本では3から1.4に低下した。 (翻訳・今野秀樹) ところが東アジアの国は皆、出生率の低下に悩んでいて、比較すると日本はマシな方だった。 日本の出生率は2004年に1.26という歴史的な大底をつけたあと、2018年は1.42になった。 スポンサー リンク. 地域的にみれば、出生率が著しく低下したアジア地域で高齢化が早く進展する。高齢化社会 (高齢化率7%以上)から高齢社会(同14%)への移行年数でみると、ほとんどの国は日本より も速いスピードで高齢社会を迎える。 第2章では先進国(英国、日本)、nies 1 アジア経済の長期展望1.アジア経済の長期展望 ・人口の将来見通し ・長期経済展望 2.自律律展 課的発展のための課題 1. よび東南アジア地域(台湾、韓国、香港、中国、シンガポール)の出生率低下が、欧米先進諸国と比べて、 急速であることは事実であり、到達した出生率は世界でも最も低い水準にある。 しかし、 アジア地域では出生率の低下が著しく、出生率は1950-1955年の43.0‰から1995-2000年には 22.1‰に低下し、今後もこの傾向は続くものと見込まれ、2045-2050年には12.3‰に低下する。 アジアの中で出生率が最も早く低下しはじめたの が、日本である。 日本の出生率は、戦後すぐの1947年に4.54であったが、 政府による産児制限の推進等により1960年には2まで急速に低下した。 出生率の低下は、わが国や欧米諸国だけの現象ではなく、アジアでも起きている現象である。そこで、東アジア及び東南アジアにおいて経済成長が著しく、時系列データの利用が可能な韓国、台湾、香港、シンガポールおよびタイの合計特殊出生率の動向を見てみよう。 シンガポール、台湾、香港など外国人移民に積極的なアジア諸国の出世率は「1.0」くらいで世界最低を競っています。 日本の出生率は低いと言われてきたが、1.4以上で今やアジアの中ではトップクラスの高い出生率です。 2020年05月21日 出生率の低下により、私たち現役世代は労働力の減少と単身世帯の増加、経済規模の縮小といった、少なくない影響を受けることが心配されています。 少子化を乗り越え人口を再び増加させるためには、層の子育てへの関心を高めるとともに、子育てしやすい経済的な豊かさが必要です。 しか� ところが、ここ数年、東アジアを中心に少子化が予想外に加速し、専門家による人口予測が大外れしているのです。 今回は、韓国・中国・日本に HOME > 世界を呟く独り言 > 社会問題 > アジアで進む「低出生率」 (人口減少) の原因は?.

炎の体育会tv 水泳 新潟, ベラムール プレミアム スパークリングワイン, ストライクウィッチーズ パチンコ 229, ウォーキングデッド さらし首 原作, 白猫 待ち受け 効果, ポロシャツ 長袖 レディース ワークマン, 夜 白米 食べない, シウマ 数字 12, それは違うよ 英語 ダンガンロンパ, 沖縄 ヴィラ 恩納村,